仙台 工務店

仙台の新築、注文住宅はクオリティーホーム(鎌田工務店)へ。耐震・オール電化・シックハウス対応の珪藻土・十年保証で安心なお住まいを。仙台 工務店。

事業地域

仙台市、富谷町を中心とした多賀城市、塩釜市、名取市、岩沼市、大崎市、利府町、大郷町、松島町
他、車で1時間圏内

 

仙台のリフォームなら

 

工事日記

 

無料家づくり相談会

 

メール相談

 

FAX用紙はこちら

 

鎌田竜也のブログ

 

鎌田勇のブログ

 

新築施工例

 

モデルハウス

 

家づくりの流れ

 

e-ハウスビルダー

 

鎌田工務店は、東北電力推奨電化住宅施工店「eハウスビルダー」の厳しい推奨基準をクリアしたオール電化住宅施工店です。 新築・増改築・電化リフォームは、ぜひ当社へご相談ください。

 

マイリフォームレシピ

 

facebook

 

モデルハウス建築日記

Dotプロジェクト
 
新住協
 
HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

仙台市青葉区O様邸のお引渡し

2×6工法 オール電化住宅BELS工務店

BELS工務店BELS工務店

昨日、仙台市青葉区O様邸のお引渡しでした。O様邸は鎌田工務店で

初のBELS認定取得の住宅に成りますが温熱環境も優れ昨日も

寒い1日でしたが、直射日光が当たれば、室内は日射取得熱で暖かさを感じれました。

 お引渡しでは書類確認や設備メーカーさんの取扱説明をしました。

工事の途中で大きな問題はありませんでしたが、

職人さん達といろいろと知恵を出し合いながら、細かい部分も綺麗に

良いかたちに納めることが出来たと思います。

O様ご家族とは土地探しからのお付き合いでしたが良いタイミングで

土地も見つかり、OBのお施主様のご紹介と言う事もありますが鎌田工務店を

信頼して依頼して頂いた事が打ち合わせ中からも伝わり本当に嬉しかったです。

元々お住まいが気仙沼と言う事で、打ち合わせが密に出来るか

不安もあったかと思いますが、石巻のLIXILショールームで何度も

打ち合わせを繰り返しスムーズに打ち合わせが出来たかと思います。

出来上がったお家はシンプルで落ち着き感があり、暮らしやすい動線と

日射取得も優れた家に成ったと思います。またエアコン1台で寒い日でも

家中あたたかく過ごせると思うので住み始めてからのご感想を聞かせて頂くのが楽しみです。

お引渡しでは私達までお心配りを下さいまして、本当にありがとうございました。

これから長いお付き合いになりますが、どうぞよろしくお願い致します。


BELS工務店 K8JHdKSF
BELS工務店 2×6工法 オール電化住宅



 

2018-02-21 18:19:49

コメント(0)

吹抜けからの日射量,キヌカワックス,仕上げ工事へ

キヌカワックス キヌカワックス

キヌカワックス キヌカワックス

 外部の雨樋工事が完了して足場も撤去出来た

仙台市O様邸では内部の大工さんの造作工事も完了しました。

来週から仕上げ工事の職人さんが入って来ます。

外部の足場を撤去すると外部のシートもなくなるので

室内が明るくなりますが、吹抜けがあるのでくもりの日でも全天日射量で

室内が明るく成っていました。O様邸の吹抜けは私の自邸と同じ

1坪の大きさですがリビングを明るくするは充分な大きさに成ります。

実際に自邸を見て頂き明るさも確認して頂きましたが掃き出しを

二ヵ所にした分私の家のリビングより明るく感じます。冬は日射取得も

出来るので暖房消費エネルギーに寄与すると思います。夏の為に

吹抜け部分の南側に採用した窓には日射遮蔽のドレープも予定しています。


キヌカワックス キヌカワックス

O様邸の造作枠材の仕上げは原料がお米の自然素材ワックス

日本キヌカ株式会社の『キヌカ』を使用しています。

鎌田工務店では窓の木部分は窓台の下台のみを提案していますが、


様邸は全ての窓を四方枠にしました。その分窓周りが豪華に見えます。

 鎌田工務店では無垢の無塗装フロアーや窓台に採用してます。(他の塗料も採用してます。)

キヌカは以下のような特徴があります。

自然塗料の「キヌカ」は原材料は、お米です。

溶剤はいっさい使用していません。

乾燥時間を大幅に短縮。(指触乾燥2〜4時間)※完全乾燥までには時間がかかります。

木になじみやすく木目がきわだつ自然塗料です。

自然発火の危険性ゼロで、塗布後のウエスの処理が容易です。(自然発火性試験より)

低温時でも液状を保ち、冬季でも作業性にもすぐれています。

無臭の自然塗料です。塗布直後でも室内に臭いが残りません。

ホルムアルデヒド放散量及びVOC5成分、全て測定下限値以下で安全性が確認されています。

人の肌への刺激は、蒸留水並の安全性、と実験で証明されています。

お米から生まれた100%自然塗料だから、安心&安全です。

2018-02-17 18:21:52

コメント(0)

北海道のツーバイフォービルダーの施工方法も取り入れています。

低燃費な家 仙台市 低燃費な家 仙台市

塩竃市Y様邸では外部の透湿防水シートとその上に張る通気材下地も完了したので

雨に濡れる心配もなくなりました。雪が降る前に付加断熱の施工も完了した

ので安心して内部の造作工事に移れます。家の外周部に張る木の通気下地からは

土台水切りの下から入った空気がこの桟の間を通って屋根裏に流れて、

湿気と共に屋根の棟部分や軒天材の有孔と言われる穴の開いた部分から排出されます。

鎌田工務店の強みは確実な断熱気密施工と思われているかもしれませんが、

防水や通気も建物の寿命を延ばす大切な部分なので念入りな施工を心がけています。

 前回の工事日記では窓の話でしたが、今回は断熱と気密防湿の話をお伝えします。

低燃費な家 仙台市 低燃費な家 仙台市
↑1階の写真に成ります。              ↑2階の写真に成ります。

Y様邸の内部の断熱気密(防湿)施工も完了してます。

鎌田工務店の断熱工事は専門の断熱施工技術者が施工します。

その分、大工さんは先張りシートの気密シート張りや通気と防水に集中出来ます。

 高性能グラスウールは密度が高い為、断熱性能が良いのですが、

それを壁の間に隙間なく詰めて、丁寧に充填施工をするとこでその性能が発揮されます。

さらに断熱材を覆うように防湿気密シートを施工することで気密性が高く、室内の湿気を

壁に入れずに熱の出入りが少ない家になります。

 上の施工写真で床部分に見える白いシートは透湿防水シートの先張りシートに成ります。

胴差廻り(1階天井と2階床)の中間の白い帯のようなものは、

透湿防水シートの先張りシートで1階天井と2階床の気密をとるためです。

この部分の収まりは北海道のツーバイフォービルダーから教えて頂いた施工になります。

天端ジョシーツ     低燃費な家 仙台市
上の図と写真の様に壁を立ち上げる前にあらかじめ土台にタイベックを先張りしてます。

 繊維系の断熱材を使う住宅会社なら住宅の防湿施工には力を入れていると思います。

理由は住宅の壁内のカビは、外壁の防水が切れて外部からの水が浸入するより、

室内で発生した湿気が壁内に入ってしまい壁内にカビが発生することが多いです。

浴室のリフォーム工事や住宅の解体工事を経験する工務店だからこそ良く分かります。

問題は壁の中(特に内側)に隙間があることと気密(防湿層)が取れていないことが大きな原因になります。

ではどうすれば解決するかと言いますと、やはり丁寧に断熱材を入れて、

壁内に湿気を入れない防湿を考えて丁寧な気密の施工をしっかりと行う事が大切です。

低燃費な家 仙台市 低燃費な家 仙台市

低燃費な家 仙台市 BELS工務店

Y様邸の換気システムはダクトレスの一種換気システム「せせらぎ」を採用してます。

メンテナンスが楽なのと天井高さを確保したかったのでダクトのないものを提案しました。

「せせらぎ」はパッシブ・エネルギー・ジャパン社製でして。もともとドイツで作られていた

インヴェンダーという ダクトレス熱交換型換気システムを輸入販売する会社でしたが、

国内生産に切り替えて、 名前も「せせらぎ」に変更されたようです。

tatenoie140513_img06

 通常のダクト式の第一種換気システムは、 各居室にダクトを持っていかなければならず、

天井高さを確保しながらだと施工的にも難しかったのですが、 ダクト工事がないダクトレス換気は、

壁にパイプファンや3種換気の給気口のように穴を開けて設置するだけなので 施工が楽です。

70秒ごとに、給気と排気が入れ替わるシンプルなシステムで、 メンテナンスも楽で

メーカーのサポートもしっかりしているので高性能で安心出来る換気システムに成ります。

 

2018-02-12 16:55:18

コメント(0)

高性能樹脂サッシを採用してます。

日射遮蔽,日射取得,ZEH仙台日射遮蔽,日射取得,ZEH仙台



日射遮蔽,日射取得,ZEH仙台日射遮蔽,日射取得,ZEH仙台

日射遮蔽,日射取得,ZEH仙台日射遮蔽,日射取得,ZEH仙台

 配線立ち合いと付加断熱工事が完了した塩竃市Y様邸では

内部の充填断熱・防湿気密工事も完了しました。Y様邸の換気システムの話や

通気や防水、断熱気密の施工の話は次回の工事日記で説明して今日は開口部になる窓の

話しをお伝えしたいと思います。鎌田工務店が建てる家は高性能な樹脂サッシを

標準仕様としていますが理由は熱の60%近くが窓から入ったり出たりするので

出来るだけ断熱性能が高いサッシになるとアルミより樹脂枠に成るからです。

 冬暖かく、夏涼しい家を作る為には、開口部の窓だけではなく、設計時に軒や庇、

方位や窓の位置などをしっかり考慮する事がとても大切です。

どんなに性能が良い断熱建材を使って高気密高断熱住宅を設計しても夏場の日射遮蔽と

冬場の日射取得をしっかり対策をしておかないと快適な住まいには成りません。

日射遮蔽,日射取得,ZEH仙台日射遮蔽,日射取得,ZEH仙台

 Y様邸の家でも、取り付ける方位によってガラスを使い分けをしてます。

日当りの良い南向きの部屋には日差しをたくさん取り入れられる"日射取得型"のガラスを採用し

日差しが入りにくい北側には、断熱性能が高く室内の熱を逃がしにくい"日射遮蔽型"のガラスを、

というように使い分けをしてます。さらに二枚ペアガラスと三枚トリプルガラスを使い分けしています。

性能値の事を考えればトリプルガラスが有効ですが、日当たりが良い土地で冬場の日射取得を考えると


ペアガラスの方が住宅の性能値が悪く成っても、暖房光熱費が安くすむように成ります。

性能値が高い家より、快適で光熱費が抑えられる家が目的に成ると開口部の設計は重要に成ります。

もちろん夏の南側は深い軒の出と外付けのシェードで日射遮蔽の対策をY様邸でもしています。

 冬は夏とは反対に、室内を暖かくするために窓からの日射熱を有効に利用することが重用です。

日中は日射を取り入れ、夜間は部屋の暖かさを逃がさないためのカーテンなどで熱が逃げづらく

するのが当たり前の事ですが光熱費を安くする為にも、快適に過ごすにも大事な事に成ります。

断熱気密(防湿)施工はもちろん大事なのですが、太陽のエネルギーを使ったパッシブデザインが

これからの家づくりでは重要になってくると思います。






 

2018-02-10 18:58:40

コメント(0)

造作工事,サイクロン式給気フード,耐水シージングボード

仙台市工務店仙台市工務店
仙台市工務店仙台市工務店

 仙台市泉区のO様邸では軒天や破風の塗装工事が完了して

雨樋が取り付けられると外部足場も撤去が出来る状態にまで来ました。

O様邸の一種換気はダクト式の全熱式熱交換器を採用しています。

熱交換器は給気も機械で強制的に室内に新鮮空気を取り得れるので

小さい虫が吸気フィルターを汚す問題がありますが、その問題を

解消できる外部フードを採用しています。

それでもフィルターを掃除したり、交換する必要が無い訳ではありませんが、

サイクロン式給気フードは、独自のサイクロン技術で、給気時に吸い込まれる虫や

ゴミを除去してくれます。ルーバーと呼ばれる円状に重なって配置された羽根を

外気が通過すると、竜巻状の旋回流となり、その遠心力で虫やゴミが

外側へ弾き飛ばされる仕組みがあります。
弾き飛ばされた虫やゴミは下の受け皿に

落ち、きれいな空気のみがダクトを通って
本体へ送られるフードに成ります。

一番上の写真の外部フードに成ります。※給気専用です。


仙台市工務店仙台市工務店

仙台市工務店仙台市工務店

内部の造作も順調に進み内部の階段造りも始めました。

O様邸の内部仕上げは自然素材を多く採用して頂いてるので

大工さんの仕事量が多いですが、その分仕上げ工事の時間は短縮出来ると思います。

鎌田工務店では内装の下地の石膏ボードにも良い商品を採用してます。

キッチンや化粧台・便器などの設備機器の取り付け面には、緑色の石膏ボードの

耐水ボード(シージングボード)を張ってます。他はピンク色のハイクリンボード
(お部屋の空気環境をきれいに保つピンク色の石膏ボード)

を貼ってます。この緑色のボードは防水処理が施されていて

吸水率が小さく、吸湿による変形が少ないのが特徴です。

仕上げを行うと見えなくなりますが、長い目で見て問題が出にくく、

耐久性にも影響がある部分が大事だと考えています。

長期優良住宅などはこの石膏ボードを採用する義務もありました。

来週中には大工さんの造作工事が完了して内装の珪藻土の

左官職人さんや壁紙の内装担当の職人さん入って来ます。

 

2018-02-08 19:03:52

コメント(0)

瑕疵保険躯体検査,樹脂サッシ※付加断熱用納め

瑕疵保険躯体検査,樹脂サッシ,断熱リフォーム,工務店宮城県,仙台,瑕疵保険躯体検査,樹脂サッシ,断熱リフォーム,工務店宮城県,仙台,

瑕疵保険躯体検査,樹脂サッシ,断熱リフォーム,工務店宮城県,仙台,瑕疵保険躯体検査,樹脂サッシ,断熱リフォーム,工務店宮城県,仙台,

 塩竃市Y様邸では屋根の下葺きルーフィングも完了し屋根葺きも間もなく完了します。

大工さんの建て方も本日完了して瑕疵保険の躯体検査と塩竃市の中間検査を受けました。

瑕疵保険の躯体検査では主に構造的な部分についてチェックを行って頂きました。

枠組壁工法では合板の釘ピッチや金物の取り付けが図面どうりか確認して頂いてます。

一方、塩竃市の中間検査では確認申請図面と同じく建物の配置や高さや境界離れの

チェックが中心に成ります。業務提携している設計事務所の千葉さんや

私もチェックを行う為、2重3重のチェックを行うので検査では

指摘事項が無く合格を頂きました。大工さんも丁寧な施工をしてくれるので助かります。

瑕疵保険躯体検査,樹脂サッシ,断熱リフォーム,工務店宮城県,仙台,瑕疵保険躯体検査,樹脂サッシ,断熱リフォーム,工務店宮城県,仙台,

瑕疵保険躯体検査,樹脂サッシ,断熱リフォーム,工務店宮城県,仙台,瑕疵保険躯体検査,樹脂サッシ,断熱リフォーム,工務店宮城県,仙台,
 上の写真はツーバイフォー工法の胴差周りや屋根面・壁面の先張り施工の写真です。

一般的に枠組壁工法の場合、在来工法に比べ気密は取りやすい工法です。

しかし繊維系の充填断熱を行う場合はツーバイフォー工法でも軸組在来工法と同じく、

その断熱層の室内側に防湿層を設けないと壁の中などで結露の心配が出てきます。

そこで、2x4工法でも、在来工法と同じく繊維系断熱材を充填する場合は

防湿気密シートの施工(防湿層の連結)が重要に成ります。

「先張りシート」と呼んでいますが重要な気密施工の工事に成ります。

今日はサッシも取り付けました。OSBの壁合板の上に付加断熱の下地に

合わせてサッシの下地も付加し(フカシ)透湿防水シートと防湿気密シートも気密テープで

連結したうえで
サッシ専用の気密パッキンを貼った後にサッシを取り付けています。

来週には断熱気密工事を開始しますので大工さん達は防水と通気の工事に移ります。

鎌田工務店では外部の付加断熱の施工は大工さんが施工して、

内部の気密施工と充填する断熱施工は専門の断熱施工技術者が担当致します。

Y様邸でも取る付ける方位によってガラスの種類を使い分けていますが

次回の工事日記にて詳しく説明致します。

今週末にはお施主様とコンセントやスイッチの配線立ち合いを予定しています。

 

2018-02-02 18:38:55

コメント(0)

外壁サイディング工事,気密測定,内部造作

外壁サィデング工事外壁サィデング工事

天井の羽目板床張り
 仙台市O様邸の外壁サイディング工事が間もなく完了します。

サイディング工事の後にサイディングのジョイントや窓周りの

シーリング工事と軒天と破風の塗装工事をし雨樋を取り付け致します。

 

内部では天井のパインの羽目板張りや床材を張り進めています。

O様邸の室内仕上げは天井が無垢の羽目板で壁は珪藻土の

自然素材をメインに採用しています。床材はメンテナンスも考慮して

住友林業クレスト製のノンワックスフロアーを採用しました。

傷も付きにくくストレスなく採用出来るおすすめの床材です。

気密測定,Ⅽ値0.4cm2 / m2,気密測定仙台市,宮城県新築気密測定,Ⅽ値0.4cm2 / m2,気密測定仙台市,宮城県新築  

 そして工事途中ですが気密測定も行いました。 鎌田工務店の気密測定は新住協の会員さんで

ビー・アイ・ビー株式会社さんに成ります。自社検査ではありませんし、良い数値に

するまで何度も測定したりはしてません。

高気密住宅と言われる基準がⅭ値2.0cm2/m2ですが、鎌田工務店ではその半分の

1.0cm2/m2以下を基準値としています。目標は0.5cm2/m2以下です。

1.0cm2/m2以下を基準値なのは、快適な空間に成り24時間換気の計画換気が

計画的にしっかりと行われるにはこの数値が必要になる為です。
 
O様邸の結果は0.4cm2/m2でした。工事に携わった皆さんの協力のお陰で、

Ⅽ値0.5以下の目標達成出来ました。0.4cm2/m2以下を目指すには

大きな引き違い窓を減らさなくてはいけないと思いますが、


O様邸では五カ所の引き違い窓を採用しているので良い数値だと思います。

 Ⅽ値が解ると建物の大きさ(延べ床面積)㎡数×C値0.4㎠/㎡=約40㎠
 

となって、約40㎠の隙間が空いているとわかります。!40㎠ということは、

約6.3cmの正方形の面積と同程度です。名刺位の面積に成ると思います。

 気密が取れていないとすき間がある事になり、熱や音、ホコリ、花粉、湿気の侵入口になります。

同時に換気ムラが起こる原因にもなります。この工事日記を読んでいただいてる方はご存知かも

しれませんが、鎌田工務店では、10年以上前から全棟でどれだけすき間なく施工できているのかの

確認のために気密測定を行い、高い気密性が確保出来ているかをチェックしています。

設計上の目標値としては0.5㎠/㎡程度としています。

実測の平均値は0.4㎠/㎡前後という国内トップレベルの数値を確保しています。

気密性が高いことで空調効率が良くなり、光熱費の削減に繋がります。

なお、この気密性がしっかり確保されていないと、高い断熱性能の住宅では

室内と室外の温度差が大きいことが災いし、かえって壁内結露などを

引き起こす危険が高くなってしまいます。

2018-01-30 12:22:39

コメント(0)

新木造住宅技術研究協議会(新住協)で学んだ事を実践してます。

充填断熱,高気密高断熱住宅,気密シート充填断熱,高気密高断熱住宅,気密シート

充填断熱,高気密高断熱住宅,気密シート充填断熱,高気密高断熱住宅,気密シート


充填断熱,高気密高断熱住宅,気密シートBELS工務店
 先日、外部の付加断熱工事を完了した仙台市O様邸では

お施主様との電気配線工事(コンセント・スイッチ確認)をして

断熱気密工事も完了しました。鎌田工務店の断熱気密施工は

高性能グラスウールを採用する繊維系断熱を標準施工としております。

鎌田工務店では壁の断熱材は高性能グラスウール16k品を充填しますが、

O様邸では更に繊維が細かく硬くて重い20キロ品の高性能なグラスウールを

壁の間に隙間なく丁寧に充填しました。その上から防湿気密シートを丁寧に張り

専用のテープでしっかりと気密を取ります。16キロ品や20キロ品の

断熱材は密度が高く、将来的にも垂れ下がってくるようなことはありません。

二階天井は吹き込みグラスウールの為に石膏ボードを張ってからの施工に成ります。

壁と天井、一階天井と二階床の胴差部分もしっかりと気密シート(一部、透湿防水シート)

を貼ることで気密が連続して本当の断熱性能が発揮されます。毎回説明しておりますが、

一番の基本は断熱材の種類ではなく、正しく施工されているかどうかです。

「気密なき断熱は無力!」と言いますが、防湿気密シートを正しく施工し

気密施工がしっかりなされて初めて断熱性能が発揮される為、

この断熱気密工事は丁寧に作業しています。また、防湿シートと言う名前のとおり

冬場の内部結露に有効に働く為に、正しい気密施工は住宅の寿命を延ばします。
充填断熱,高気密高断熱住宅,気密シート充填断熱,高気密高断熱住宅,気密シート

充填断熱,高気密高断熱住宅,気密シート充填断熱,高気密高断熱住宅,気密シート

鎌田工務店は基本的には高性能グラスウール断熱ですが、部分的にウレタン断熱も採用しています。

配管や玄関ドア、サッシと躯体の隙間にはウレタンを充填しています。

0様邸はダクト式の換気システムやパネルヒーターの配管があるので通常より配管が多いです。

換気システムに関してはダクト式第一種熱交換換気を採用しておりますが

給気、排気を機械で強制的に行い、室内の汚れた空気を排出する際、

熱を回収し外気から給気する新鮮な空気に熱を伝わらせることのできるシステムで

熱交換率90%の高性能の換気システムに成ります。

外部の温度が0°でも室温が20°あれば18°に暖められた空気が

室内に入ってくるので冬場の光熱費の削減にも成ります。

夏も同じ効果があり内部が冷えている時は、外部より冷やされた

空気が室内に入ってきます。

ローヤル電機 換気システム
ローヤル電機換気システム

2018-01-24 15:05:30

コメント(0)

仕上げ工事、器具付け(照明器具,設備機器,洗濯機パン)

仕上げ工事、器具付け(照明器具,設備機器)仕上げ工事、器具付け(照明器具,設備機器) 

  仙台市青葉区O様邸では外部足場を撤去しました。

バルコニーの笠木手すりや換気フードも付き、電力の外線引き込みも完了しました。

内装工事も完了して便器や化粧台の設備機器の取り付けをしてます。

電気屋さんも照明器具やコンセント、スイッチを取付けを行っています。

本日、室内ドアや可動式の棚なども設置したのでお施主様ご家族にも

現場に来て頂きイメージギャップが無いか確認して頂きました。

完成前の状態ですがとても喜んで頂きました。この後床の養生をはがして

クリーニングや電気・水道・完了検査が残っていますが

しっかり点検をして完璧な状態を目指してお引渡しをしたいです。

仕上げ工事、器具付け(照明器具,設備機器)仕上げ工事、器具付け(照明器具,設備機器)

仕上げ工事、器具付け(照明器具,設備機器)仕上げ工事、器具付け(照明器具,設備機器)

右上の写真は3年位前から鎌田工務店で標準採用している洗面脱衣室の

「洗濯機パン」に成ります。このパンは排水溝部分にはふたが付いていて、

掃除の時以外はふたをつけておきます。埃だまりにならず、すっきりして見えます。

また、洗濯機の足をパンの中に置くように設置するタイプがほとんどだったと思いますが、

これは、パンの四隅に少し高めの足があってその部分に洗濯機の足を据えますので

洗濯機の下も掃除が出来ます。給水管も洗濯機パンの中にあるので壁に給水が

ないのでスッキリしておススメの商品です。

 

2018-01-23 18:51:01

コメント(0)

付加断熱工事,透湿防水シート施工(遮熱シートアビス採用)

付加断熱工事,透湿防水シート,遮熱シートアビス,仙台市付加断熱,付加断熱工事,透湿防水シート,遮熱シートアビス,仙台市付加断熱,

付加断熱工事,透湿防水シート,遮熱シートアビス,仙台市付加断熱,付加断熱工事,透湿防水シート,遮熱シートアビス,仙台市付加断熱,

  仙台市O様邸では付加断熱の工事が完了しました。

「付加(ふか)す」という言葉は、建築ではよく使う言葉ですが、

付加断熱(ふかだんねつ)とは、壁の中に入れる充填断熱の他に

外側、あるいは室内側に、さらに断熱材を付け加えるということを意味します。

壁の熱損失は非常に大きく、付加断熱施工をすることにより住宅の性能は大幅に向上します。

気密も組み合わせないと効果はありませんが、断熱材を増せば断熱の強化に繋がります。



 ツーバイフォー工法では壁体の充填断熱層の奥行きを多くとる手法を

検討して、壁を2x6にしたり2x8にしたりという方法も行われています。

内部を厚くするのは有効ですが、写真の様に外側に付け加えて

断熱する方が断熱材が入らない部分の※熱橋対策にもなります。

※熱橋(ねっきょう)とは
ヒートブリッジともいい断熱材の切れ目に存在する柱などが熱を伝える現象をいう。
断熱に配慮されずに外部に露出している構造材は鉄もコンクリートも木材も熱橋となる。
木造の外周に面する土台や柱、梁、桁、屋根の垂木などが熱橋と成ります。
柱や梁部分の断熱材が入らない部分は熱が逃げやすく
入って来やすい部分になるので熱橋と言います。

外部に採用した高性能グラスールは32キロ品25㎜の撥水性のある断熱材で

多少の雨になら濡れても心配がない商品を採用しましたが、

天気の良い間に透湿防水シートまで完了しました。
付加断熱工事,透湿防水シート,遮熱シートアビス,仙台市付加断熱,付加断熱工事,透湿防水シート,遮熱シートアビス,仙台市付加断熱,
付加断熱工事,透湿防水シート,遮熱シートアビス,仙台市付加断熱,付加断熱工事,透湿防水シート,遮熱シートアビス,仙台市付加断熱,

O様邸の透湿防水シートは遮熱効果もあるABSS(アビス)遮熱シートを採用しました。

遮熱の効果よりも、他の透湿防水シートよりもかなり丈夫なのと、

防水の効果に期待して採用しました。防水シートとの継ぎ目やサッシの取り合いは

防水気密テープで連結します。シートとシートのジョイントをテープするのは

付加断熱のグラスウールが冷やさらない為の防風効果もあるので徹底しています。

 通常、透湿防水シートは壁の中の湿気は逃がすが、

外からの雨水は通さない シートで住まいの長寿命化に貢献する優れものです。

さらに
遮熱シートは熱をはね返すことで、夏場に効果があると言われていますが、O様邸のように

付加断熱を施工して、壁の中にも高性能グラスウールの20キロ品を充填するので

遮熱効果は体感では変わらないと思います。付加断熱の工事と透湿防水シートの施工も終わり、

外部は雨で濡れる心配もなくなりました。

この上から通気層と外壁下地になる通気胴縁を施工していく予定です。

内部では断熱気密施工も始まりましたので次回の工事日記で報告致します。

 

2018-01-17 15:14:21

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5