仙台 工務店

仙台の新築、注文住宅はクオリティーホーム(鎌田工務店)へ。耐震・オール電化・シックハウス対応の珪藻土・十年保証で安心なお住まいを。仙台 工務店。

事業地域

仙台市、富谷町を中心とした多賀城市、塩釜市、名取市、岩沼市、大崎市、利府町、大郷町、松島町
他、車で1時間圏内

 

仙台のリフォームなら

 

工事日記

 

無料家づくり相談会

 

メール相談

 

FAX用紙はこちら

 

鎌田竜也のブログ

 

鎌田勇のブログ

 

新築施工例

 

モデルハウス

 

家づくりの流れ

 

e-ハウスビルダー

 

鎌田工務店は、東北電力推奨電化住宅施工店「eハウスビルダー」の厳しい推奨基準をクリアしたオール電化住宅施工店です。 新築・増改築・電化リフォームは、ぜひ当社へご相談ください。

 

マイリフォームレシピ

 

facebook

 

モデルハウス建築日記

Dotプロジェクト
 
新住協
 
HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

透湿防水シート、ダクトレス熱交換換気「せせらぎ」

正しい施工、透湿防水シート、ダクトレス熱交換換気「せせらぎ」、家Q1住宅

Dotプロジェクト施工技術者講習会(中級編)正しい施工、透湿防水シート、ダクトレス熱交換換気「せせらぎ」、家
 仙台市若林区S様邸の内部の断熱気密施工が完了しました。

上の写真は一階の天井に遮音の為に安価な耳付きグラスールを入れている所です。

二階の天井は吹き込みグラスウールの為に石膏ボードの施工が完了後に吹き込みます。

壁には高性能グラスウールの24K相当の断熱材を隙間なくびっしりと入れて、

その上から防湿気密シートを丁寧に張り専用のテープでしっかりと気密を取ります。

断熱材は密度が高く、将来的にも垂れ下がってくるようなことはありません。

グラスウールが住宅の断熱材に使われるように成った当初は

正しい施工方法が周知徹底されませんでした。

大工さんが適当に入れておけば良いということで施工された家で様々な問題が出てきました。

その一つが断熱材の垂れ下がりであり、壁の中で断熱材に付着したカビでもあります。

繊維と繊維の間に空気を含んだグラスウールは、周囲の湿度に同調して断熱材内に

湿気が出たり入ったりすることがありますが、もともと吸湿性を持たない無機質材料であり、

素材そのものが湿気を吸うわけではありません。

よく誤解されていますが、グラスウールは無機質なガラス繊維でできている為、

グラスウール自体がカビることはありません。ではなぜ壁内でカビが発生するのでしょう?

それは気密処理が出来ていない為に部屋の中の湿った空気が壁内部に浸入し、

さらには壁の中に気流がおきて、ホコリがグラスウールに付着し、そのホコリを栄養源として

湿気と適度に保温されたグルスウールの環境でカビが発生してしまいます。

住宅の壁内のカビは、防水が切れて外部からの水が浸入するより、

室内で発生した湿気が壁内に入ってしまい壁内にカビが発生することが多いです。

浴室のリフォーム工事や住宅の解体工事を経験する工務店だからこそ良く分かります。

 これを読んで頂くと何となくわかると思いますが、問題は壁の中(特に内側)に隙間が

あることと気密(防湿層)が取れていないことが大きな原因になります。

ではどうすれば解決するかと言いますと、やはり丁寧に断熱材を入れて、

壁内に湿気を入れない防湿を考えて丁寧な気密の施工をしっかりと行う事が大切です。


正しい施工、透湿防水シート、ダクトレス熱交換換気「せせらぎ」、家正しい施工、透湿防水シート、ダクトレス熱交換換気「せせらぎ」、家

 台風が来る前に屋根工事と透湿防水シートと外壁通気下地も完了しました。

これで雨水が入る心配がなくなりました。透湿防水シートのジョイントや

換気フードやサッシ廻りも防水気密テープで防水します。



 S様邸の換気システムはダクトレスの一種換気システム「せせらぎ」を採用してます。

メンテナンスと天井高さを確保する為にダクトのないものを提案いたしました。

「せせらぎ」はパッシブ・エネルギー・ジャパン社製でして。もともとドイツで作られていた

インヴェンダーという ダクトレス熱交換型換気システムを輸入販売する会社でしたが、

国内生産に切り替えて、 名前も「せせらぎ」に変更されたようです。

tatenoie140513_img06

 通常のダクト式の第一種換気システムは、 各居室にダクトを持っていかなければならず、

天井高さを確保しながらだと施工的にも難しかったのですが、 ダクト工事がないダクトレス換気は、

壁にパイプファンや3種換気の給気口のように穴を開けて設置するだけなので 施工が楽です。

70秒ごとに、給気と排気が入れ替わるシンプルなシステムで、 メンテナンスも楽で

メーカーのサポートもしっかりしているので高性能で安心出来る換気システムに成ります。



 

2017-08-09 18:05:21

コメント(0)

付加断熱工事 躯体検査・配線立ち合い

中間検査躯体検査

サッシ入れ化粧垂木

 報告が遅れましたが、仙台市若林区S様邸のフレーミング・サッシ入れも完了し

瑕疵保険躯体検査・確認申請の中間検査も大工さんの丁寧な施工のお陰で

指摘事項なしの合格を頂きました。

確認申請の中間検査では建物の配置や窓や屋根など主に法律に関する部分の検査を行い、

瑕疵保険の検査では構造や防水などの10年間の保証となる部分を中心に検査を行っています。

 S様邸の玄関の下屋屋根部分は枠組壁工法では珍しい「化粧垂木」を採用しました。

特徴は化粧垂木と軒板を見せる造りで化粧の梁や柱も構造を見せる仕上げに成ります。

米ヒバ材の耐久性のある木材を採用しました。節や木目が良いアクセントに成っています。

付加断熱工事仙台市付加断熱工事仙台市
付加断熱工事仙台市付加断熱工事仙台市
また、先週末にお施主様との配線立ち合い(コンセントやスイッチの場所確認)

と細かい棚やカウンターの収まりの確認も出来たので断熱気密工事もスタートしました。

外部の付加断熱はほぼ完了しましたので透湿防水シートの施工に移ります。

内部の断熱・気密施工も今週中に完了予定です。

断熱・気密の施工精度を上げるためには、現場管理者・断熱施工者は勿論のこと、

電気工事を担当する技術者や大工さん・水道業者さんや工事に関わるの職人の共通意識が本当に必要です。

断熱や防湿に絡む電気、換気、水道の施工部位も共通の認識が無いと良い防湿が出来ません。

上の写真は外部に高性能グラスールを張る付加断熱工法(ふかだんねつ)と言いますが

寒冷地では一般的な工法に成ります。内部の丁寧な充填断熱と防湿施工に

 

外部に付け加えて高性能グラスウールとプラスαにしていきます。

熱を通しやす柱や梁の木材部分の※熱橋部分に有効に働きます。

※熱橋(ねっきょう)とは
ヒートブリッジともいい断熱材の切れ目に存在する柱などが熱を伝える現象をいう。
断熱に配慮されずに外部に露出している構造材は鉄もコンクリートも木材も熱橋となる。
木造の外周に面する土台や柱、梁、桁、屋根の垂木などが熱橋と成ります。


 
 

2017-08-02 21:21:00

コメント(0)

造作工事 ディプロマットⅡ(カフェ)

ディプロマットⅡ カフェディプロマットⅡ カフェ

 写真は富谷市A様邸(二世帯住宅)の屋根材ディプロマットⅡに写真です。

ディプロマットは鎌田工務店で標準採用している屋根材に成ります。

見た目にも黒いスラッシュが入り雰囲気の良い屋根材に成ります。

長期耐食性に優れたジンカリウム鋼板を使用し、その表面には長期間色あせのしない

天然石を吹き付けしてあります。なので、化粧スレート屋根で必要な定期的な塗り替えも必要もなく

メンテナンスフリーの屋根材で、長い目で見ると非常に経済的です。

さらには、1m²あたりわずか5kgと化粧スレートの約1/2.7の軽さ、和瓦と比較すると約1/7と

相当建物への負担も少なく地震にも強い家になります。

キッチンカウンターキッチンカウンター

ユニットバス工事Q1住宅

内部では造作工事も進み、ユニットバスの工事が完了しました。

ユニットバスやキッチンはナスラック製を採用しました。

A様邸は二世帯住宅で一階と二階とそれぞれにキッチンと浴室があります。

造作工事では大工さんが積層材を加工しニッチカウンターやキッチンの

対面カウンターを造っています。A様邸でもオリジナルのカウンターを造作してます。


 

2017-08-02 14:52:47

コメント(0)

地鎮祭 仙台市泉区N様邸

地鎮祭地鎮祭

パッシブ設計パッシブ設計

 先週末、仙台市泉区のN様邸で地鎮祭を執り行って頂きました。

N様邸の敷地は泉区の中でも自然に囲まれたロケーションで

非常に良い天気の中、まだ気温も落ち着いた時間に行って頂きました。

地鎮祭も地元の熊野神社さんにお願いしました。

N様邸は性能向上計画認定を取得しておりますが、N様邸が仙台市泉区で初めての

取得だったと市役所の方からお聞きしました。工事は地盤改良工事から行う予定です。

N様邸は,御祖父様が建てた家の木材を再利用して太い梁を

LDKの勾配天井に取り付ける予定です。また太陽の日射をうまく取り入れたり、深い軒で遮蔽した外観で

家事動線の良いプランの全館床暖房のご計画に成りました。

これから完成まで引き続き、精一杯良い家になるように頑張っていきたいと思います。

N様、地鎮祭ではお気遣い頂きまして、ありがとうございました!

もう少しでいよいよ着工ですが、今後ともどうぞよろしくお願い致します。


 

性能向上計画認定とは

  • 建築物省エネ法第30条に係る建築物エネルギー消費性能向上計画の認定が誘導基準に適合している旨を所管行政庁(都道府県、市又は区)が認定を行うものです。
 

認定の対象

性能向上計画認定は、住宅及び非住宅のいずれの用途においても受けることが出来ることとなっており、認定対象は以下のとおりとなります。
  1. 建築物の新築
  2. 建築物の増築、改築、修繕若しくは模様替え
  3. 空気調和設備の設置・改修

性能向上計画の認定

性能向上計画認定は、所管行政庁が行うこととなるため建築主等は省令で定める図書等を、工事に着手するまでに正副2部を所管行政庁に提出することになります。計画が以下のとおり基準に適合する場合に認定されます。
なお、下記1に定める技術的な基準である誘導基準への適合確認については、登録省エネ判定機関等(住宅にあっては登録住宅性能評価機関)が交付する技術的審査適合証などを活用することも考えられます。申請を行う際には、事前に建設地の所管行政庁で適合証の活用の可否について確認を行うことが必要となります。
  1. 当該申請に係る建築物のエネルギー消費性能が、省エネ基準を超え、かつ、建築物のエネルギー消費性能の向上の一層の促進のために誘導すべき経済産業省令・国土交通省令で定める基準に適合するものであること。
  2. 建築物エネルギー消費性能向上計画に記載された事項が基本方針に照らして適切であること。
  3. 資金計画がエネルギー消費性能の向上のための建築物の新築等を確実に遂行するため適切なものであること。

性能向上計画の認定等【容積率特例】

●新築及び省エネ改修(※)を行う場合に、省エネ基準の水準を超える誘導基準等に適合している旨の所管行政庁による認定を受けることができます。
※増築・改築、修繕・模様替、空気調和設備等の設置・改修
●認定を受けた改修工事については、容積率等の特例を受けることができます。

エネルギー消費性能向上計画の認定等【容積率特例】

2017-07-25 14:23:57

コメント(0)

お引渡し 柴田郡柴田町H様邸

Q1住宅Q1住宅
報告が遅れてしまいましたが、先週末に柴田郡柴田町のH様邸のお引渡しでした。

H様邸は付加断熱仕様と言う事もあり暑さ続く日でしたが、

エアコンを省エネ運転で快適な室内環境でお引渡し出来ました。

H様とは7年半ほど前に旧モデルハウスの相談会にお越し頂いてから

引き渡しの日を迎えるまで、長い長いお付き合いとなりました。

完成したお家は、施主様のご家族に本当に良くお似合いで、

シンプルでありながらも個性が光る住宅に成りました。

そして、施主様からも『本当に快適ですね。』とおっしゃって頂きました。

これからゆっくりと時間を掛けて、H様ご家族らしいインテリアに

して頂ければと思います。長期優良住宅の補助金の枠が無くなり

急遽、他の認定を取得していただいたりとご迷惑もかけてしまいましたが

本当に良い家が出来たと思います。これからも長いお付き合いになりますが、

どうぞよろしくお願い致します。

Q1住宅仙台Q1住宅
Q1住宅仙台Q1住宅仙台

 

2017-07-25 13:59:00

コメント(0)

完了検査、気密測定Ⅽ値測定

完了検査完了検査

 柴田郡H様邸の工事も間もなく完了致します。

確認申請の完了検査では特に問題もなく合格を頂きました。

H様邸は長期優良住宅の認定と宮城県の県南地域で初めての

性能向上計画認定住宅に成ります。(補助金申請の為に二つの認定を取得しました。)

建物と隣地との離れや、手すり、火災警報器、計画換気の位置、

点検口の確認などが確認申請の完了検査に成ります。

クリーニングの美装工事も完了し床の養生も外れて内装の全容が現れました。

予想以上の仕上がりでとても良い感じでした。

気密測定気密測定

気密測定アドモンドオーク
 

そして気密測定も行いました。 鎌田工務店の気密測定は新住協の会員さんで

ビー・アイ・ビー株式会社さんに成ります。自社検査ではありませんし、良い数値に

するまで何度も測定したりはしてません。

高気密住宅と言われる基準がⅭ値2.0cm2/m2ですが、鎌田工務店ではその半分の

1.0cm2/m2以下を基準値としています。目標は0.5cm2/m2以下です。

1.0cm2/m2以下を基準値なのは、快適な空間に成り24時間換気の計画換気が

計画的にしっかりと行われるにはこの数値が必要になる為です。
 


 H様邸の結果は0.4cm2/m2でした。

工事に携わった皆さんの協力のお陰で、Ⅽ値0.5以下の目標達成出来ました。
 
 
Ⅽ値が解ると建物の大きさ(延べ床面積)㎡数×C値0.4㎠/㎡=約47㎠

となって、約47㎠の隙間が空いているとわかります。!47㎠ということは、
約7cmの正方形の面積と同程度です。名刺位の面積に成ると思います。

 
 気密についてはいろいろと意見があります。

気密が高すぎると呼吸がしにくく息苦しいと言う方もいますが、全くの誤解で、

気密性を高めるのは断熱性能をしっかりと確保するためです。

そして、計画換気を行えば息苦しくなることはありません。これらはセットで考えるもので、

中途半端な気密性ではしっかりとした換気は行えませんし、壁の中で結露が起き、

シロアリが出たりで良い事なしです。

低気密は良い断熱材を使っても断熱性能は発揮されません。

 また、「木は呼吸してるから気密工事はいらない」と言っていた業者さんもいましたが、

木材は呼吸をしていると言うより湿気を吸ったり吐いたりをしているだけです。

家の気密施工は木材の湿気のやり取りを止めるのではなく、

屋外と室内の空気のやり取りを止めることなのです。気密工事は家の寿命を延ばし

快適な空間を造る大事な工事と言えます。


 

2017-07-12 19:14:41

コメント(0)

高気密高断熱住宅とは?

性能向上計画認定住宅宮城県性能向上計画認定住宅宮城県

性能向上計画認定住宅宮城県性能向上計画認定住宅宮城県

性能向上計画認定住宅宮城県性能向上計画認定住宅宮城県

 富谷市二世帯住宅のA様邸では断熱気密工事が進んでます。

大工さんも晴れ間を見て透湿防水シート張りと外部通気下地を進めています。

壁の断熱材をスタッド(柱)の間の厚み一杯(90mm)に入れています。

その上から防湿気密シートを張っています。この壁に入れている断熱材は

高性能グラスウール16k品ですが、通常よりも性能が高い24K相当品を

使用しています。

下の写真はサッシ周りの5㎜の隙間を造り、ウレタン充填で断熱を目的に

ウレタン断熱をします。しかしウレタンでは気密が取れないので気密テープで

テーピング気密をします。鎌田工務店の標準施工に成ります。

サッシは樹脂サッシアルゴンガスLOW‐Eを面によって使い分けています。

性能向上計画認定住宅宮城県性能向上計画認定住宅宮城県

性能向上計画認定住宅宮城県2×6工法 オール電化住宅

 A様邸は小屋裏収納もあるので一部勾配天井180㎜充填断熱や

二階の天井は吹き込みグラスウール300㎜、一階の天井100㎜は

遮音の為のグラスウール(安価な耳付き防湿ビニール付きグラスウール)充填と、

天井の断熱施工でも施工の仕方が変わります。
 

 鎌田工務店で天井断熱材を厚くしているのは冬に熱が上に逃げていくのを止めるのと

夏の天井裏の熱が室内に下りてこないようにする為です。

夏の天井裏の温度は60℃位になります。
 

それが天井ボードに伝わり、放射熱として天井付近から室内の温度も当然影響を受けます。

ここを軽視している断熱工法などを見かけますが、夏の暑さ対策として、

天井や屋根の断熱性能を高めることは絶対に必要です。

断熱材の厚みは夏場の為でもあります。排熱の為の窓を開ける換気も

高気密高断熱住宅ですときちんと高い位置の窓から排熱が出来ます。

 グラスウールで断熱する会社は多いです。しかし、高性能グラスウールと防湿気密シートを

別貼りすることで気密性をしっかりと高めることが出来ますが採用しない会社が多いです。

 
 この防湿気密シート施工をすることで、室内の湿気も壁の中に入れません。

先張りシートや、窓周り、配線などの穴など気密テープで処理をする為、手間は掛かりますが、

性能を確保するために大事な作業になります。

いくら断熱材に高性能な良いものを使っても気密性が低いとそこから熱や湿気も

出て行き入ってきてしまいます。この気密をしっかりと行わないと壁の中に

湿気が侵入して、結露の原因になってしまいます。

何でもそうですが、良いものを使って正しく施工することは性能を発揮するための必須条件と言えます。

  この断熱・気密工事が完了したら、大工さんが下地の石膏ボードを張りはじめます。

Q1住宅仙台

Q1住宅2×6工法 オール電化住宅

外壁サイディングの下地と通気層の通気胴縁の工事も完了したら

外壁張り工事作業に移ります。通気胴縁の役割は外壁の仕上げと下地板の間に

隙間を作り、その間に空気が流れるようにすることで

壁の中に湿気がこもるのを防ぎ、外壁の熱を逃がすことです。
 

 


 

2017-07-06 19:04:30

コメント(0)

仕上げ工事 珪藻土仕上げ

鎌田工務店 宮城県鎌田工務店 宮城県

鎌田工務店 宮城県鎌田工務店 宮城県

 柴田郡柴田町のH様邸の仕上げ工事も間もなく完了します。

先日、仕上げ工事の珪藻土塗り壁や壁紙のクロス工事が完了しました。

電気屋さんが照明器具を付けて、設備業者さんが便器や化粧台を設置しています。

大工さんも内部建具のドアや可動式の棚やパイプを取り付けています。

 鎌田工務店がお勧めする珪藻土は石膏ボードで有名な吉野石膏㈱さんの

タイガーケンコートを採用しています。ケンコートは焼き石こうを原料とした

石こう系塗壁材(石こうプラスター)に珪藻土を配合したものです。

そのため他の石こう系の塗壁材同様、施工後の寸法変化がないことから、

ひび割れが生じにくく、また強度や耐久性に優れています。

石こうにも十分、調湿機能もありますが珪藻土を加えることで、

さらに吸放湿性能を高めたものになっています。

また、タイガーケンコートにはホルムアルデヒドを吸収し、分解する

性能があり、アセトアルデヒドに対する低減性能も併せ持っています。

 鎌田工務店で採用しているホルムアルデヒドを吸収し、分解するハイクリンボード

とも同じメーカーさんだけあって抜群の相性に成ります。

鎌田工務店 宮城県鎌田工務店 仕上げ工事

設備機器や照明器具の取り付けが完了しましたら

いよいよ床養生を外しクリーニングをして完了検査や気密測定に移ります。


 

2017-07-05 20:06:48

コメント(0)

瑕疵保険の躯体検査

瑕疵保険の躯体検査瑕疵保険の躯体検査

本日、富谷市A様邸の二世帯住宅の瑕疵保険の躯体検査と中間検査を受けました。

瑕疵保険の検査では構造や防水などの10年間の保証となる部分を中心に検査を行って頂き

中間検査では建物の配置や窓や屋根など主に法律に関する部分の検査を行い

合板の釘ピッチや金物などについてはチェックを行う為、より精度の高い確認となります。
 
どちらも問題なく指摘事項なしで合格を頂きました。

電気工事や水道の設備工事も完了したので、お施主様立ち合いのコンセントや

スイッチの確認をしたら透湿防水シートを張り断熱気密工事を開始致します。
 
 
瑕疵保険の躯体検査瑕疵保険の躯体検査
瑕疵保険の躯体検査瑕疵保険の躯体検査

上の写真はツーバイフォー工法の胴差周りや屋根面・壁面の先張り施工の写真です。

一般的にツーバイフォー工法の場合、在来工法に比べ気密は取りやすい工法です。

しかし繊維系の充填断熱を行う場合はツーバイフォー工法でも軸組在来工法と同じく、

その断熱層の室内側に防湿層を設けないと壁の中などで結露の心配が出てきます。

そこで、2x4工法でも、在来工法と同じく繊維系断熱材を充填する場合は

防湿気密シートの施工(防湿層の連結)が重要です。

今日はサッシも取り付けました。OSBの壁合板の表面に気密パッキンを貼った後、

サッシを取り付けて透湿防水シートを張ったら気密防水テープを貼り壁の防水工事

も完了します。来週には断熱気密工事を開始しますので

大工さん達は防水と通気の工事に移ります。





 
 

2017-06-30 20:06:12

コメント(0)

基礎配筋検査(瑕疵保険検査)

瑕疵保険検査基礎配筋検査瑕疵保険検査基礎配筋検査

本日、仙台市若林区S様邸の基礎配筋検査(瑕疵保険の検査)がありました。

雨が降る前に検査が出来ました。

基礎の鉄筋の太さや間隔が図面通りに施工されているか現場でチェックを行っています。

検査では特に問題はありませんでしたが、こちらで確認した中で補強したい部分があった為、

その場で補強してもらいました。コンクリートを流してしまうと直すことができない為、

念には念を入れて施工してもらっています。

瑕疵保険検査基礎配筋検査瑕疵保険検査基礎配筋検査

瑕疵保険検査基礎配筋検査瑕疵保険検査基礎配筋検査
鎌田工務店の家づくりでは、私(鎌田 竜也)がほぼ現場の施工管理をしてます。

ただ、仙台市の検査や瑕疵保険の検査などに毎回、業務提携している設計事務所さんも

設計管理の立場で立会いの検査をして頂いてます。

検査する立場が多く回数が多い事は、図面や現場のチェックに集中することができます。

その分、事前にミスを発見出来て毎回スムーズに検査に合格出来ています。

S様邸の配筋検査も指摘事項なしで合格しました。

 

2017-06-21 20:19:19

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5